コールセンター代行のすすめ

代行利用時の個人情報

コールセンター代行利用時の個人情報について

コールセンター代行利用時の個人情報について コールセンター代行では、会社の人間に代わって電話対応を行ってくれます。深夜や早朝など、営業時間外の時間帯にも対応可能で、コスト削減にも繋がる便利なサービスです。
しかし問い合わせなど顧客情報に関わる人間が増えるため、それだけ個人情報の管理が難しくなるのも事実です。
そのため、コールセンター代行を行っている各事業者は、個人情報保護ガイドラインにそった方針を掲げ、積極的に個人情報の保護に取り組んでいます。
スタッフを採用する際にも、必ずガイドラインにそった雇用契約書を用意しています。
情報の持ち運びが行われないよう、入退室管理として、入退室時にIDカードを掲げるシステムを用意したり、特に管理に力を入れている事業者では生体認証も利用しているほどです。
離席管理も厳格に行われ、離席の際にはオペレーターの使用する端末がロックされて、無断で使用できないようにしてある場合もあります。様々な手段を講じて情報流出の阻止に注力しています。

コールセンター代行を依頼する際、マニュアルは用意すべき?

コールセンター代行を依頼する際、マニュアルは用意すべき? コールセンターの仕事内容にもよりますが、マニュアルはあった方が絶対にコールセンター代行する側に喜ばれると思います。
まずコールセンターが受ける方なのか、かける方なのかでもマニュアルの内容は変わってきますが、商品・内容を把握しておかないとコールセンター代行が成り立ちませんよね。
電話の相手はその商品・内容を詳しく知っている人が電話口に出ていると当たり前に考えていますから、色々お客様より質問等が挙げられたときに、即座に的確に説明しないといけません。
ですから最低限商品・内容を分かっていないと駄目だと思います。商品・内容のお勧めする際にも、良い点を知っていなければお客様も納得はされません。
また、ある程度の話の流れを3パターンぐらいに分類しておくのも良い方法だと思います。お客様がお話を肯定的に聞いてくれる場合、否定する場合、迷われてる場合。
その際にどのようにお話を進めていったら、お客様が不快なくお話を聞入れてくれ納得していただけるか。勿論、言葉遣いの教育も必要だと思います。