コールセンター代行のすすめ

代行の利用の流れ

コールセンター代行の利用の流れ

代行の利用の流れ 近年は、客からの電話対応をコールセンター代行サービスを行う業者に任せる事業者が少なくありませんが、このサービスを利用できるようになるまでの流れはどのようになっているのでしょうか。
コールセンター代行業者に電話かインターネットで問い合わせると、最初にヒヤリングが行われ、事業者が代行業者につたえた要望をもとにプランが作成されます。同時に見積もりも提示されるので、プランと料金に納得できたら代行業者と委託契約を結び、指定された日までに初回分のサービス利用料を支払います。
契約締結後はコールセンター代行業者と打ち合わせを重ねていきます。そして、代行業者は話し合われた内容をもとに資料を作成し、それをもとにオペレーターをつとめるスタッフの教育を行います。これが終了すればコールセンター代行サービスが開始されます。代行業者に問い合わせてからサービスの提供が開始されるまでにかかる期間は業種や業態によって異なっており、もっとも短いケースだと数日程度でサービスが開始されますが、長いと3~4週間程度かかることがあります。

コールセンター代行で顧客満足度を上げる為に行っていることとは?

コールセンター代行で顧客満足度を上げる コールセンター代行は企業にとって業務の効率化、合理化を図ることができる大変有意義なサービスです。職員にとって、電話対応は大きな負担に実はなっているのです。
一本の電話でも、組織の代表として対応する必要があります。顧客からのクレームの電話であれば更に慎重な対応が求められます。この負担をなくすためにコールセンター代行があります。代行の職員が、たらい回しをせず、顧客満足度を上げるには、発注側の企業の努力も求められます。オペレーターが案件をスムーズに捌けるようにマニュアルの作成すると良いのです。
組織内の各部門の業務内容を書類でオペレーターに配布しておけば、合理的な対応ができます。要点は誰がコールセンター代行しても同じ対応ができることが大事なのです。
また、マニュアルは定期的に見直しの必要があります。組織は生き物です。考えや対応は世の中の動きに合わせて変わるのです。
マニュアルを活用してコールセンター代行での顧客満足度を上げましょう。